十二騎神道流/高倉英二について 古武道・殺陣・剣術・居合い- 正伝十二騎神道流道場 -

【正伝十二騎神道流(しょうでんじゅうにきしんとうりゅう)】

十二騎神道流について武の神を祀る鹿島神宮、香取神宮が創建された頃から、多種多様な流派が鎬を削り、勝つ為の武術が発達し、古武道(古武術)は伝承されてきました。

戦国の世から伝え、磨かれてきた技の多くは、天下泰平の江戸時代に消え去りました。
現在、古武術や古武道と称する流派の多くは、江戸時代に起こった流派です。

しかし、その戦国の技の幾つかは、日本の各地にて、一族のみに伝えられる御留流と称されるものとして、伝承されていきます。

下総の国のある一族に伝承され、宗家 高倉英二が幼少の頃より学んだ技は、まさにその御留流のひとつであり、永きに渡り脈々と現代まで受け継がれてきた門外不出の流派でありました。

現代にいたり流派を継承した高倉英二が、先代の許しを得て、御留流を「十二騎神道流」と命名。

当派の特徴ともいえる、多敵に対する流れるような刀使いと、相手の戦力を削ぐための戦略的な裏技が鏤められた刀法と礼式を、宗家として広く世間一般に伝承していくこととしました。


【総合古武道 正伝十二騎神道流】とは、日本古来の実戦的な動を元に、肉体を極限まで鍛え、自分自身の在り方を追求し、精神を高め、日常生活において日々を豊かに過ごせるよう、御留流として受け継がれてきた刀法をはじめとする伝統の技の数々に創意工夫を施し誕生した流派です。

※正伝は「せいでん」とは読まず、「しょうでん」と読む。

組立ち(剣術)、居合(抜刀術)、据物斬、受け継がれてきたこれら流麗な技の数々はもちろん、杖術、琉球空手(唐手)、柔術(体道)、武家舞、その他古武道(古武術)を総合的に稽古します。

 

【宗家 高倉英二】

高倉 英二正伝十二騎神道流宗家。日本のアクション・スタント界の草分け、若駒冒険グループと十二騎会(グループ十二騎)を創設した日本を代表する殺陣師(たてし)の一人。
映画、テレビ業界にて活躍する数多の俳優に殺陣をはじめとするアクション振り付けを指導。
幼少の頃より古武道(古武術)や琉球空手(唐手)等、あらゆる武道に親しみ、武をもって斬新な映像を作り上げてきた。
自身の練り上げてきた実践的な武の技と精神の真髄を芸能界および一般の方々にも広く伝授しようと正伝十二騎神道流総本部道場を設立。

- 殺陣担当作品 -
『西部警察』 『大都会』シリーズ
『探偵物語』 『遊戯』シリーズ
『大江戸捜査網』シリーズ
『女ねずみ小僧』
『押忍!!空手部』
『サムライフィクション』 他、多数